スロートレーニングで腹筋や速筋を鍛える効果的な方法

 

あなたは、スロートレーニングを知っていますか?現在では、様々な種類のエクササイズがありますが、その数ある種類の中で注目を集めているのがスロトレです。NHKの番組や日テレのバラエティ番組など、テレビや雑誌等で多数取り上げられているので、名前を聞いたことがある方は多いと思います。ですが、その正しいやり方や様々な効果について理解できているでしょうか。

 

そこで、こちらではスロートレーニングについて詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。正しいやり方とその効果だけでなく、気になるメリットやデメリット、またより効率的に鍛えられる方法やメニューまで幅広く掲載しています。これは、ダイエットをしようと考えている方だけでなく、高齢者にも老化防止となるのでお勧めですよ。

 

さて、そもそもスロートレーニングはどういう物かというと、その名の通りゆっくりとした動作で行なうトレーニングになります。様々な種類の筋トレがある中で、一般的な速度で行なう筋トレには無い効果が期待できるとして、注目を集めているものです。特に、近年ではメタボへの関心が高まった事で、腹筋を鍛えてお腹周りの脂肪を落とすスロトレによる腹筋が人気のようですね。メタボ健診で指導を受けた人には最適の腹筋運動です。

 

何と言っても、スロートレーニングの魅力は誰でも簡単に行なえる事、そして特に道具も必要なく、ゆっくりとした動きを心がけるだけで出来る所ですね。いつもの腹筋をゆっくりと、比較的軽いダンベルやバーベルの上げ下げをゆっくりと、走る速度をゆっくりと行なうだけ、ただこれだけで腹筋や腕力、脚力が鍛えられるんですよ。

 

ただし、腹筋や腕力、脚力など、それらをバランスよく鍛えられるというメリットがある半面、当然デメリットもあります。それは、スロートレーニングはゆったりとした動作で長い間関節に圧力がかかってしまうために、関節痛が起こる可能性が高いという事です。日頃から関節痛や足腰が弱っている高齢者の場合には、十分な注意が必要になってきますね。

 

ですが、運動後にストレッチやアイシング等を行なう事で痛みを軽減する事が可能なので、クールダウンを行えば大丈夫ですよ。また、事前のウォーミングアップも大事なので行なっておくと良いですね。しかし、もし運動中に関節に違和感を覚えた場合は、すぐに動作を止めて様子を見るようにしましょう。激しい筋トレではないので、痛みはすぐに引くと思います。

 

その他には、この種類の筋トレでは、瞬発力が鍛えられないという事もデメリットになると思います。瞬発力を鍛えたい方にとっては、スロートレーニングは向かない鍛え方だと思いますね。と言っても、その代わりに持久力を鍛える事は可能です。持久力はあらゆる場面で有効的なので、ぜひとも鍛えていきたいものですね。

 

また、やり方や行なうメニューの種類によっては、持久力と瞬発力の両方を鍛えられる物もあるので試してみて下さい。スロートレーニングと普通の筋トレを組み合わせる事で、特に一番鍛えにくい腹筋には効果的になります。ぜひ、腹筋を鍛えたい方、お腹周りの脂肪を落としたいというメタボな方は、スロトレの腹筋運動を試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

参考:パーソナルトレーニングジムおすすめ3選【料金安い人気ランキング】

 

スロートレーニングとは?


あなたは、スロートレーニングという言葉をご存知ですか?

 

普段運動をしていない人でも、十分にこなすことが出来る筋トレになります。

これは、夢のようなあり得ない話でもあったんですが、今はそういったものが既に開発され、定着しています。

 

その中の代表格とも言えるのが、スロートレーニングになります。

 

そこで今回は、その事について詳しくご紹介しますね。

 

<スロートレーニングについて>
この運動の定義は、筋肉をゆっくりゆったりとした緩慢な動作で動かして、徐々に負荷をかけるというやり方になります。

 

筋トレと言うと、やはりどうしても思いきり力をかけたり、全力で走ったり泳いだりというように、激しい動きをするイメージが強いですよね。

 

しかし、実際にはそういった激しい動きばかりではないんですよ。

 

例えば、ストレッチなどのメニューも広義的に言うとスロトレの一種なんです。

 

ゆっくりと身体を動かして負荷をかけることで、決して劇的ではないですが着実に筋力を維持します。

 

そして、回復また向上させることが出来ますからね。

 

<一例について>
ダンベルを使った運動メニューなどが分かりやすいでしょうか。

 

例えると、ダンベルを手で持ち上げる際、それほど重くない物なら簡単に上がりますよね。

 

それを、あえてゆっくりと時間をかけて持ち上げるというやり方になります。

 

実際にやってみると分かると思います。

 

というか、やってみないと分からないかもしれませんね。

 

このやり方だと、通常よりも時間をかける事になるので、その分意外と負荷がかかるんです。

 

また、ゆっくりなのである程度重いダンベルであっても十分持つことが出来ますよ。

 

こういった点もあって、スロートレーニングは瞬発力より持久力を重視したものだと言えますね。

 

持久力をアップさせたいという方に向いていると思います。

 

特徴について


現在、筋力トレーニングは非常に多くの種類がありますよね。

 

そのやり方は人それぞれで、それぞれの用途によって種類が使い分けられていると思います。

例えば、実際に行う人の運動能力や筋力で使い分けたり、生活環境などによっても使い分けがされています。

 

このように、それぞれの種類に特長が存在しています。

 

では、スロートレーニングの特徴とは一体どのようなことなのでしょうか。

 

こちらでは、それについて検証していきたいと思うので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

<特徴について>
これはやはり名称にもある「スロー」という部分ですね。

 

具体的に言うと、ゆっくりと時間をかけてひとつの動作を行います。

 

それが最大の特長であり、最も注視すべき点でもありますね。

 

このゆっくりな動作は、単にゆっくり行うことで負荷を時間的に分散させるという効果もあります。

 

それと同時に、長時間負担をかけ続けるので、効果をより大きくするという意味もあります。

 

その為、脂肪燃焼などのダイエットに効果が高いと言われています。

 

<その他の特徴>
その他には、筋肉のシステムを上手く利用しているということが挙げられます。

 

筋肉の稼動は人間に共通するシステムなんですが、例えば手を上に上げる場合、最初にどれを動かして次にどれを動かすか、そして次にどれをというように身体が勝手に覚えています。

 

その順番どおりに動かしますよね。

 

主に「遅筋」「中間筋」「速筋」と呼ばれる、それぞれの筋繊維を順番に使用していきます。

 

そんな中素早い動作を行う場合は、それぞれの中で使われる筋肉、あまり使われない筋肉の差がどうしても生まれてしまいますよね。

 

その一方で、スロートレーニングの場合はそれぞれの筋肉の稼動時間が均等になるんです。

 

ということは、負荷もそれぞれにしっかりとかかるという性質がありますね。

 

まとめるとズバリ!スロートレーニングは、バランスの良い鍛え方ができると言えます。

スロートレーニングのメリットとデメリットは?

ダイエットで高い人気を誇る有酸素運動ですが、一番効果のあると考えられている心拍数を知ることで効率よくエネルギーを消費することで、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

あまり、無理に長い時間体を動かし続けるほど痩せるということではなくて、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が行き渡らなくなり、反対の効果になってしまいます。

ダイエット期間中に、無性に甘い物が食べたくなった時に食べるメニューはずっと変わることなく寒天です。

これは好きな味付けをすることができるので、飽きることが全然ないのです。

特に、缶詰の蜜柑が入ったミルク寒天と、味をつけてない角切り寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものが定番です。

最近、ぽっちゃりになったので、痩せよう調べていたら、いいダイエット方法を見つけました。

それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。

ご存知だと思いますが、有酸素運動の結果は素晴らしくてカロリーを制限するよりも、ずっと痩せられます。

私も数週間前からウォーキングでダイエットに挑戦していますが、あっという間に痩せてきて嬉しいです。

ウォーキングは思いのほか効果的なんだなと認識しました。

綺麗な体になるには長い時間が必要ではないのではないでしょうか。

急激な体型変化は健康に良くないので、長期的な計画を立てたダイエット法を選択し、それを試し続けて、徐々に体重を減らしていくのが基本です。

ダイエットが成功したといってすぐやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。

ダイエットの最中、ついケーキなどの糖分の多いものを食べたくなりますが、ここは食べたいのを我慢するようにしましょう。

食べることで、体重に反映されてしまいます。

もしどうしても食べたくなってしまったらカロリーを抑えたダイエット向けのケーキを作るように心掛けましょう。

一般的に言って、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、だんだんと落ちていってしまいます。

これが示すことは、成長期の終わりとともに代謝量の安定が訪れたことと、運動量が減ったことにより筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。

中年と呼ばれる年代に差し掛かると太りやすくなってしまうその理由はこういう理由があったのです。

健康目的で歩くことによって痩せる時の注意点は、40分以上は必ず歩き続ける事です。

歩く事のような有酸素運動で、体内で燃え始める脂肪は、大体、開始から約30分たってからです。

ウォーキングを10分や20分程度したくらいでは、脂肪を燃焼する事はできず、痩せることのききめはかなり薄くなってしまうので、気をつけるようにしましょう。

ダイエットが続かないときには、スロートレーニングでダイエットできたという方の体験談を聞いてみましょう。

ネットの情報などは信じきれないと思うので、できることならば自分の身の回りの方の体験をじかに尋ねることがお勧めです。

目標を達成したという体験を聞くことでやる気がアップします。

人は、年を取っていくにつれて、体を動かす機会も減り、基礎代謝がどんどん低下していく気がします。

そのせいか、時間をかけてスロートレーニングでダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。

やっぱり、体質改善をしないといけないですね。

まず始めに、体を温かくするために、生姜湯から始めたいと思います。

寒いときにはもってこいの飲み物ですし、これがあれば代謝アップ間違いなしでしょう。

短い間に健康的にやせるには水泳がベストな方法です。

走ったりはしたくないという方でも、水の中ならば浮力があるので、長時間可能ですし、泳ぎ終わりは心地よい疲労感があります。

ダイエットをするために沢山の人が水泳をしていますから、1人で泳いでいようと全く恥ずかしくないです。

水泳は想像以上にカロリーを消費するので、続ければ痩せられます。

本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝アップできると聞きます。

おろした生姜入りのお湯を飲んだり、ストレッチをして体をほぐしたり、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるということも結構大変だなと考え始めていたので、とりあえず呼吸法を覚えて、どんな時でも気軽に代謝を上げられるようになりたいと期待します。

炭水化物の摂取を少なくする手段で減量を試みたことがあります。

たくさん噛むことで、充分に心を満たそうとしたけれど、やっかいだったです。

日本の人間なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを恋しく思います。

ですので、現在は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝と昼は何も気にせずに、ちゃんと食べるようにしています。

ぜい肉を減らすには有酸素運動がお手軽に出来るので、まずは始めてみてほしいのです。

私は踏み台昇降を家の中でしています。

これは長時間続けると、脈が速くなりますし、腿やふくらはぎの筋肉も負荷がかかるので、思ったよりもずっとくたびれます。

これはテレビを観ながらでも続けられますが、すごく体重が減りました。

健康的にダイエットしたい場合には、マラソンを実施するのが近道です。

これはスイミング、歩いたり走ったりといった運動です。

さらに、栄養面を配慮すべき点はプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を体内に取り入れることです。

脂肪を燃焼させて減らすためにはタンパク質がなくてはならないのです。

ダイエットを行うときには基礎代謝量の数値を出しておくことが大切な準備です。

基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されるエネルギー量のことですので、大きければ大きいほど、体質的には太りづらいということがいえるのです。

簡単に基礎代謝の計算ができるツールがネット上にありますので、一度確認してみるといいとお勧めしたいのです。