スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > やり方と効果 > メカニズムについて

メカニズムについて

 

トレーニングというものは、それぞれに科学的な根拠がありますよね。

 

例えば、こういう動作を行うと身体のどこそこに負荷が加わり、そこが鍛えられるということなどです。

また、トレーニングによっては負荷のかけ方で大きく効果が違ってきたりもします。

 

時間によって全く効果が出なかったりすることもありますね。

 

これでは、トレーニングをしている意味がないので、「正しいトレーニングのやり方」を覚える必要があります。

 

近年科学トレーニングという言葉をよく耳にしますが、聞いた事はありますか?

 

トレーニングについての学問も、その種類を増やしていますよね。

 

今やトレーニングと言うのは、スポーツ根性で行うものではなくなってきています。

 

人間の身体を理論で解析して合理的に鍛える、それが今のトレーニングというものです。

 

そして、当然スロートレーニングにおいても同様のことが言えますね。

 

スロートレーニングは、非常に緩やかな動作を行うトレーニングになので、当然負荷の分散という大きな意味があります。

 

ですが、実はそれだけではないんですよ。

 

筋肉の発揮張力の維持という大きな意味もあるので、すごいですよね。

 

筋肉は、張り詰めていると常に負荷がかかった状態となりますが、その状態をキープすることで持久力が鍛えられていきます。

 

その逆で、強い力を瞬間的に何度も加えることで瞬発力が鍛えられます。

 

ちなみに、スロートレーニングは持久力を鍛える為のトレーニングです。

 

常に筋肉を緊張状態にしておくというトレーニング方法になります。

 

筋肉は緊張で負荷が発生しますが、まず「緊張状態」と「緩和状態」を織り交ぜると瞬発力がつきますね。

 

緊張状態を維持すると持久力がつくというメカニズムです。

 

※注意:強い緊張状態を長時間維持するのは困難です。
    怪我の元になるので気をつけましょう。

 

このような事を避ける為のトレーニング方法として、弱い負荷を長時間かけるスロートレーニングの方法が確立したというわけですね。

 

セルライトや脂肪が気になる人におすすめ!

キャビスパEX効果なし?本当に痩せた使い方 | 2ch評価口コミ

 

 

やり方と効果記事一覧

メカニズムについて

トレーニングというものは、それぞれに科学的な根拠がありますよね。例えば、こういう動作を行うと身体のどこそこに負荷が加わり、そこが鍛えられるということなどです。また、...

主なメリットについて

沢山のトレーニング方法がありますが、それぞれにメリットが存在します。そのメリットもセレクトする上での一つの参考になり、大きな指標となっているとも言えます。メリットと...

セット数と時間について

人間は、何事においても目標や目安といったものが気になると思います。それがある事で頑張れるものですよね。逆に言うと、そういったものがないと堕落してしまいがちだと思いま...

筋トレと組み合わせる方法

あなたは、スロートレーニングをしていますか?このトレーニングをしている人は、ダイエットの為だったり、持久力を鍛える目的で行なっていると思います。それは何故かと言うと...

胸筋を鍛える方法

胸の筋肉については、日常の生活ではあまり意識しない部分だと思いますが、いかがですか?と言っても、胸の筋肉は実際に結構重要だったりするんです。まず、見た目でもそうです...