スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > やり方と効果 > 筋トレと組み合わせる方法

筋トレと組み合わせる方法

 

あなたは、スロートレーニングをしていますか?

 

このトレーニングをしている人は、ダイエットの為だったり、持久力を鍛える目的で行なっていると思います。

それは何故かと言うと、スロートレーニングは非常に効率の良いトレーニングだからです。

 

また、色々と応用がきくものですよね。

 

ただスローな運動にすれば良いだけの事だからです。

 

しかし、筋肉を肥大させたり瞬発力を鍛えたりするのには不向きになるので、必ずしも有効なトレーニングとは言えないと思います。

 

スロートレーニングは、あくまでも最大負荷を分散させ、運動をやりやすくする為のトレーニングになります。

 

なので、言い換えると激しいトレーニングとは対極にあるという事ですね。

 

これがどんな人にお勧めかと言うと、高齢者や運動を普段していない人に有効な方法になります。

 

ある程度運動をしている人が更に向上しようという場合には、必ずしも効率的ではないので、その辺は知っておいて下さい。

 

しかし、本当にスロートレーニングは、スポーツ経験者に対して不要なトレーニング法なのでしょうか?

 

それは、必ずしもそうではないようですよ。

 

何故かと言うと、このトレーニングは通常のトレーニングと組み合わせることが出来るからです。

 

そうすることによって、スロートレーニングの欠点が解消できるんですよ。

 

簡単に解消できてしまうんです。

 

例えば、スロートレーニングでダンベル運動を行うとした場合、ゆっくりと時間をかけて上下動を行いますよね。

 

※5秒かけて上げ、5秒かけて下げるといった感じです。

 

こうすると、腕の筋肉はバランスよく鍛えられます。

 

しかし、負荷が拡散するので持久力は向上したとしても瞬発力は向上しません。

 

ですが、一旦5秒かけての上げ下げを1セット行った後、次に通常のスピードで1セット行ってみて下さい。

 

ただそうするだけで、持久力と瞬発力の両方が鍛えられるようになりますよ。

 

これだけで万能な筋肉を作り上げることが出来ます。

 

スロートレーニングは、一つのトレーニング法として行なうのではなく、様々なトレーニングの応用としても利用できるという事を知っておきましょう。

 

よって、非常に可能性を秘めたトレーニングだと言うことが出来ますね。

 

やり方と効果記事一覧

メカニズムについて

トレーニングというものは、それぞれに科学的な根拠がありますよね。例えば、こういう動作を行うと身体のどこそこに負荷が加わり、そこが鍛えられるということなどです。また、...

主なメリットについて

沢山のトレーニング方法がありますが、それぞれにメリットが存在します。そのメリットもセレクトする上での一つの参考になり、大きな指標となっているとも言えます。メリットと...

セット数と時間について

人間は、何事においても目標や目安といったものが気になると思います。それがある事で頑張れるものですよね。逆に言うと、そういったものがないと堕落してしまいがちだと思いま...

筋トレと組み合わせる方法

あなたは、スロートレーニングをしていますか?このトレーニングをしている人は、ダイエットの為だったり、持久力を鍛える目的で行なっていると思います。それは何故かと言うと...

胸筋を鍛える方法

胸の筋肉については、日常の生活ではあまり意識しない部分だと思いますが、いかがですか?と言っても、胸の筋肉は実際に結構重要だったりするんです。まず、見た目でもそうです...