スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > やり方と効果 > 胸筋を鍛える方法

胸筋を鍛える方法

 

胸の筋肉については、日常の生活ではあまり意識しない部分だと思いますが、いかがですか?

 

と言っても、胸の筋肉は実際に結構重要だったりするんです。

まず、見た目でもそうですよね。

 

胸筋があった方が良いですよね。

 

男性の胸の筋肉が薄いと、どうしても身体全体が貧相になってしまうと思います。

 

また、女性の場合はバストの張りを維持するためにも、胸筋の維持が必須だと言えます。

 

このように、外見という面でも胸筋は非常に大きな役割を果たしています。

 

また、胸筋には腕を動かす原動力の役割があります。

 

腕を動かす時、腕の筋肉ではなく背筋と胸筋を使用するからです。

 

ラジオ体操でおなじみの、腕を前から横に開いて背伸びの運動をしてみてください。

 

すると、胸の筋肉が使われていることが実感できると思いますね。

 

胸の筋肉は、腕を動かす仕事をする人にとっては非常に重要な筋肉だと言えます。

 

という事で、スロートレーニングで胸筋を鍛えようという場合には、腕立て伏せが一番効果的ですね。

 

腕立て伏せというと、腕という言葉が入っているので、基本的に腕の筋肉を鍛えるものと思われがちですが、実際には胸筋を自重で鍛える運動なんですよ。

 

ただし、この運動はかなりハードな運動になるので、普段運動をしない人は何度も出来ないですよね。

 

そこで、スロートレーニングの出番という事になります。

 

やり方としては、うつ伏せになって両手を使い、それで身体を上下させるのが腕立て伏せですよね。

 

これをゆっくりと長時間かけて行います。

 

※上げるのに5秒かけ、下げるのに5秒かけます。

 

これでかなり楽に回数をこなせますよ。

 

手を置くところに柔らかい素材のものを置くことで、尚やりやすくなります。

 

長い枕などを利用するのも良いですね。

 

あなたもぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

やり方と効果記事一覧

メカニズムについて

トレーニングというものは、それぞれに科学的な根拠がありますよね。例えば、こういう動作を行うと身体のどこそこに負荷が加わり、そこが鍛えられるということなどです。また、...

主なメリットについて

沢山のトレーニング方法がありますが、それぞれにメリットが存在します。そのメリットもセレクトする上での一つの参考になり、大きな指標となっているとも言えます。メリットと...

セット数と時間について

人間は、何事においても目標や目安といったものが気になると思います。それがある事で頑張れるものですよね。逆に言うと、そういったものがないと堕落してしまいがちだと思いま...

筋トレと組み合わせる方法

あなたは、スロートレーニングをしていますか?このトレーニングをしている人は、ダイエットの為だったり、持久力を鍛える目的で行なっていると思います。それは何故かと言うと...

胸筋を鍛える方法

胸の筋肉については、日常の生活ではあまり意識しない部分だと思いますが、いかがですか?と言っても、胸の筋肉は実際に結構重要だったりするんです。まず、見た目でもそうです...