スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メリットについて > 体勢の矯正になる

体勢の矯正になる

 

数あるトレーニングの中でも、近年スロートレーニングが人気を集めていますが、あなたはスロートレーニングをご存知ですか?

 

このスロートレーニングは、ほとんどの競技におけるトレーニングに組み込まれているくらいスゴイものです。

何故なら、そこには非常に大きなメリットがあるからです。

 

そのメリットとは、何もスポーツ選手だけに当てはまるものではないですよ。

 

むしろ、日常生活で使用する筋肉や、衰えさせたくない筋肉に対しての効果が抜群にあるという事がメリットでもあります。

 

そのメリットとは、簡単に言うと「記憶」になります。

 

この場合の記憶とは、身体に覚えさせるという意味合いになります。

 

このような言葉がよく使われますね。

 

と言っても、実際記憶というものは脳の仕事なので、そこで脳以外の身体の部分にもその機能は備わっているのか疑問ですよね。

 

ですが、それは身体にも備わっているんです。

 

身体が覚えた記憶はそのまま脳が覚えています。

 

改めて頭の中で整理しなくても、自然とその覚えた形に身体が動いたり、その体勢を作ったりもします。

 

それがスポーツでもよく利用されていますね。

 

例えば、野球のピッチャーのフォームに利用します。

 

それは矯正を行なう場合です。

 

フォームというのは、本当に細かい部分でズレていたりすることが結構多いので、矯正は容易ではありません。

 

その為、まずゆっくりと投げる動作を繰り返すようにして、正しいフォームを身体に覚えさせます。

 

その後、徐々に速度を上げていき、覚えたものを身体が表現するようにします。

 

そのように仕向けていくという感じですね。

 

これは日常生活でも同様のことが言えます。

 

例えば、座っている体勢などもそうですね。

 

また、腰や背中などに負担がかかる座り方を矯正したい場合にも使えます。

 

この場合でも、スロートレーニングを行って矯正をします。

 

スロートレーニングは、大人から子供まで世代を問わず行なえるし、非常に効果的なんですよ。

 

これはとても大きな長所でもあるので、ぜひあなたも行なってみてはいかがでしょうか。

 

メリットについて記事一覧

体勢の矯正になる

数あるトレーニングの中でも、近年スロートレーニングが人気を集めていますが、あなたはスロートレーニングをご存知ですか?このスロートレーニングは、ほとんどの競技におけるトレーニ...

軽い負荷になる

あなたは、スロートレーニングをご存知ですか?このトレーニングは、簡単に言うと軽い負荷で行なうトレーニングになります。基本的に、ウエイトトレーニングに代表される筋力ト...

短時間で行なえる

基本的に、トレーニングというものはある程度の時間が掛かりますよね。例えば、約2kmの距離を10分で走ったとします。1kmあたり5分とすると、結構なスピードで走らない...

ケガをしにくい

あなたは、トレーニングをしていますか?各種トレーニングを一般人が行う場合、大きな障害となりうることがあります。それは怪我ですね。トレーニングというのは、時に...

ダイエットに最適

あなたは、トレーニングを行う動機は何だと思いますか?近年、特に多くなってきているのがダイエットではないでしょうか。ダイエットと言えば、食事の制限と運動が必須だと思い...

低コストであること

あなたは、スロートレーニングをしていますか?人間はある程度のことをやれと言われると、その行為に必要なコスト等をどうしても気にしてしまいますよね。コストと言うのは、例...