スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メリットについて > 軽い負荷になる

軽い負荷になる

 

あなたは、スロートレーニングをご存知ですか?

 

このトレーニングは、簡単に言うと軽い負荷で行なうトレーニングになります。

基本的に、ウエイトトレーニングに代表される筋力トレーニングとしては、ある程度辛い思いをしなければなかなか実にはならないと思います。

 

特に、ウエイトトレーニングの場合は重量のある道具を使用しますよね。

 

これによって強烈な負荷を筋肉に与える事が一般的です。

 

ダンベルにしてもバーベルにしてもそうですが、数kg、数十kgの物を使用して筋肉を酷使しますよね。

 

しかし、一般的な運動能力あるいはそれ以下の筋力しかない人の場合、その使用は少々危険になります。

 

また、最悪の場合ケガをすることもあるので困難を極めますね。

 

そこで、有効になるのがスロートレーニングです。

 

これは先ほども言いましたが、軽い負荷で行なえるから有効ですよね。

 

スロートレーニングは、ゆっくりとした動作で筋肉を動かしてトレーニングをします。

 

ダンベルを使用する場合でも一緒です。

 

※注意:リズミカルに持ち上げてアップダウンの回数を多くするのではなく、ジワっと持ち上げジワっと下げます。

 

このスローな動作の反復を行います。

 

よって、通常の動作より負荷のかかる時間は長くなる分、結構大変な部分もありますね。

 

負荷のかかり方が長いので、重さについてはそれほど必要ないと言えます。

 

5kgのダンベルを素早く上げ下げする場合と、2kgのダンベルをゆっくり上げ下げする場合とでは、前者の方が瞬間的に負荷が掛かります。

 

その一方、後者の方が負荷のかかる時間は長くなるんですが、結果として両者の間に大きな成果の差はないという事になります。

 

つまり軽い方のダンベルを使用しても、問題はないという事ですね。

 

一般的に、重いダンベルはなかなか売っていなかったりするので、意外と手に入りにくいですよね。

 

家庭にないことがほとんどだと思います。

 

逆に軽いダンベルなら簡単に手に入りますよね。

 

※100円ショップなどで購入可能です。

 

これについても、スロートレーニングのメリットになりますね。

 

メリットについて記事一覧

体勢の矯正になる

数あるトレーニングの中でも、近年スロートレーニングが人気を集めていますが、あなたはスロートレーニングをご存知ですか?このスロートレーニングは、ほとんどの競技におけるトレーニ...

軽い負荷になる

あなたは、スロートレーニングをご存知ですか?このトレーニングは、簡単に言うと軽い負荷で行なうトレーニングになります。基本的に、ウエイトトレーニングに代表される筋力ト...

短時間で行なえる

基本的に、トレーニングというものはある程度の時間が掛かりますよね。例えば、約2kmの距離を10分で走ったとします。1kmあたり5分とすると、結構なスピードで走らない...

ケガをしにくい

あなたは、トレーニングをしていますか?各種トレーニングを一般人が行う場合、大きな障害となりうることがあります。それは怪我ですね。トレーニングというのは、時に...

ダイエットに最適

あなたは、トレーニングを行う動機は何だと思いますか?近年、特に多くなってきているのがダイエットではないでしょうか。ダイエットと言えば、食事の制限と運動が必須だと思い...

低コストであること

あなたは、スロートレーニングをしていますか?人間はある程度のことをやれと言われると、その行為に必要なコスト等をどうしても気にしてしまいますよね。コストと言うのは、例...