スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メリットについて > ケガをしにくい

ケガをしにくい

 

あなたは、トレーニングをしていますか?

 

各種トレーニングを一般人が行う場合、大きな障害となりうることがあります。

それは怪我ですね。

 

トレーニングというのは、時に一箇所に大きな負荷がかかるものなので、それがケガに繋がることがあります。

 

特に、あまりトレーニングに慣れていない人、または運動を普段からしていない人に起こりやすいトラブルでもあります。

 

最も怪我をしやすいのは、瞬間的に力を加えた場合になりますね。

 

例えば、急に全力疾走した場合などが挙げられます。

 

これは、筋肉がその動きについていけないからです。

 

この場合、肉離れや断裂の危険があるので注意しましょう。

 

瞬間的に一箇所に負荷が集中した場合は筋肉を傷めてしまうので、無理に重いダンベルを早く動かしたりしないようにすることが大切です。

 

また、ひねりを加えた腹筋を素早く行ったりも良くないですね。

 

この場合も怪我をしやすいと言われているので気をつけましょう。

 

このような事から、怪我が怖くてなかなかトレーニング出来ないという人は結構いるのではないでしょうか。

 

そんな人にお勧めしたいのがスロートレーニングです。

 

こういった怪我の危険性がほとんど無いと言えるトレーニングなんですよ。

 

それは、このスロートレーニングがゆっくりとした動作で行うものだからです。

 

瞬間的に強い負荷がかかるという事がないので安心ですね。

 

ジワっと負荷がかかるし、バランスよく筋肉が疲労していくので肉離れなどのトラブルが起こりません。

 

また、転倒したりすることもないし、足を滑らせたりということもありません。

 

これらの事は、スロートレーニングではまず起こり得ませんね。

 

そういう意味では、イメージと身体の動きが一致せず、気持ちばかりが先走ってしまう高齢者や、ついつい無理な動作をしてしまう子供などには、非常に向いているトレーニングだと思いますね。

 

メリットについて記事一覧

体勢の矯正になる

数あるトレーニングの中でも、近年スロートレーニングが人気を集めていますが、あなたはスロートレーニングをご存知ですか?このスロートレーニングは、ほとんどの競技におけるトレーニ...

軽い負荷になる

あなたは、スロートレーニングをご存知ですか?このトレーニングは、簡単に言うと軽い負荷で行なうトレーニングになります。基本的に、ウエイトトレーニングに代表される筋力ト...

短時間で行なえる

基本的に、トレーニングというものはある程度の時間が掛かりますよね。例えば、約2kmの距離を10分で走ったとします。1kmあたり5分とすると、結構なスピードで走らない...

ケガをしにくい

あなたは、トレーニングをしていますか?各種トレーニングを一般人が行う場合、大きな障害となりうることがあります。それは怪我ですね。トレーニングというのは、時に...

ダイエットに最適

あなたは、トレーニングを行う動機は何だと思いますか?近年、特に多くなってきているのがダイエットではないでしょうか。ダイエットと言えば、食事の制限と運動が必須だと思い...

低コストであること

あなたは、スロートレーニングをしていますか?人間はある程度のことをやれと言われると、その行為に必要なコスト等をどうしても気にしてしまいますよね。コストと言うのは、例...