スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メリットについて > ダイエットに最適

ダイエットに最適

 

あなたは、トレーニングを行う動機は何だと思いますか?

 

近年、特に多くなってきているのがダイエットではないでしょうか。

ダイエットと言えば、食事の制限と運動が必須だと思います。

 

食事をある程度コントロールしてカロリーの摂取量を抑えつつ、運動をして脂肪を燃焼させますよね。

 

これで体重を減らすというのが、一般的なダイエットの方法だと思います。

 

さて、運動は単に脂肪を燃焼させるだけではありません。

 

簡単に言うと、太りにくく体重が増えにくい身体を作るものです。

 

筋肉が一定以上に発達すると、その分新陳代謝が良くなりますね。

 

それは、通常の生活の中での消費カロリーが増加することに繋がります。

 

こうなると、体重が増えにくい身体になってきます。

 

このような考えが一般の人の間にも広がっていると思います。

 

前までは食事制限ばかりしている人が多かったですが、今は健康的にダイエットをする人が増えていますよね。

 

それがトレーニングへの関心に繋がるきっかけでもあります。

 

そんな中スロートレーニングは、そんなダイエットを行う人達にとっては最適なトレーニングになります。

 

まず、ダイエットの最大の目標である脂肪の燃焼について、これは長時間の有酸素運動が必須になりますよね。

 

しかし、それはそう簡単なことではないですよね。

 

例えば、1時間走れと言われても、実際に走れる人はなかなかいないと思います。

 

1時間と言うと相当な時間ですからね。

 

これをずっと走るという動作があれば、心肺機能も筋肉も疲れてしまって持たなくなりますよね。

 

これに対して、1時間のスロートレーニングを行うという事は、普段あまり運動をしない人でも大丈夫になります。

 

それは何故かと言うと、スロートレーニングは疲れにくいからです。

 

更には、心肺機能への負担も少なくて済みます。

 

筋肉も疲労はしますが、一度に大きな負荷はかからないので休み休み行えますね。

 

そういう意味では、ダイエッターとしてはとても有効なトレーニングということで、ぜひともお勧めしたい方法になりますね。

 

メリットについて記事一覧

体勢の矯正になる

数あるトレーニングの中でも、近年スロートレーニングが人気を集めていますが、あなたはスロートレーニングをご存知ですか?このスロートレーニングは、ほとんどの競技におけるトレーニ...

軽い負荷になる

あなたは、スロートレーニングをご存知ですか?このトレーニングは、簡単に言うと軽い負荷で行なうトレーニングになります。基本的に、ウエイトトレーニングに代表される筋力ト...

短時間で行なえる

基本的に、トレーニングというものはある程度の時間が掛かりますよね。例えば、約2kmの距離を10分で走ったとします。1kmあたり5分とすると、結構なスピードで走らない...

ケガをしにくい

あなたは、トレーニングをしていますか?各種トレーニングを一般人が行う場合、大きな障害となりうることがあります。それは怪我ですね。トレーニングというのは、時に...

ダイエットに最適

あなたは、トレーニングを行う動機は何だと思いますか?近年、特に多くなってきているのがダイエットではないでしょうか。ダイエットと言えば、食事の制限と運動が必須だと思い...

低コストであること

あなたは、スロートレーニングをしていますか?人間はある程度のことをやれと言われると、その行為に必要なコスト等をどうしても気にしてしまいますよね。コストと言うのは、例...