スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メリットについて > 低コストであること

低コストであること

 

あなたは、スロートレーニングをしていますか?

 

人間はある程度のことをやれと言われると、その行為に必要なコスト等をどうしても気にしてしまいますよね。

コストと言うのは、例えばお金がかかることや、時間、手間ヒマがかかるなどがあります。

 

その中でも特に、コストはお金に関して使われる言葉ではないでしょうか。

 

コストが必要という場合は、たいていはお金が必要という意味に置き換えられると思います。

 

もちろんトレーニングというものは、少なからずコストが必要と言えます。

 

例えば、ジムに通う場合にもそのジムの使用料が必要だし、近所にジムがない場合には交通費が必要ですよね。

 

また、道具(ダンベルやバーベルなど)を使用する場合も、それを購入する経費が必要になります。

 

また、次にコストと言えば時間というものがありますね。

 

ジムに通う場合、ジムを往復する時間コストがかかるし、トレーニング自体にも相応の時間が掛かります。

 

これらのコストは、ある程度までは仕方ないと思います。

 

それは「何かを成すには何かを失う」のが常ですからね。

 

例えば、「買い物をすればお金を失う」という事もあるし、「筋肉を付けたいなら、時間とお金と労力を消費する」とも言えます。

 

これは当然のことでもありますね。

 

ですが、問題はその消費になります。

 

どれだけ低く抑えられるかという点が挙げられます。

 

このような事からも分かるように、スロートレーニングはその点において非常に優秀だと思いますね。

 

それにはまず、お金がほとんどかかりません。

 

道具(バーベルやダンベルなど)を使用する場合は、購入もしくはジム通いが必要になりますが、それらを使わなくても十分にトレーニングを行なえるんです。

 

また、ダンベルにしても重い物を購入する必要がありません。

 

※1kg〜2kgで十分な効果が出ます。
 100円ショップに売っている物で大丈夫です。

 

それに加えて、家で出来るので交通費も時間もかかりませんね。

 

このような事から、スロートレーニングは非常にコストパフォーマンスの良いトレーニングだと言えると思います。

 

メリットについて記事一覧

体勢の矯正になる

数あるトレーニングの中でも、近年スロートレーニングが人気を集めていますが、あなたはスロートレーニングをご存知ですか?このスロートレーニングは、ほとんどの競技におけるトレーニ...

軽い負荷になる

あなたは、スロートレーニングをご存知ですか?このトレーニングは、簡単に言うと軽い負荷で行なうトレーニングになります。基本的に、ウエイトトレーニングに代表される筋力ト...

短時間で行なえる

基本的に、トレーニングというものはある程度の時間が掛かりますよね。例えば、約2kmの距離を10分で走ったとします。1kmあたり5分とすると、結構なスピードで走らない...

ケガをしにくい

あなたは、トレーニングをしていますか?各種トレーニングを一般人が行う場合、大きな障害となりうることがあります。それは怪我ですね。トレーニングというのは、時に...

ダイエットに最適

あなたは、トレーニングを行う動機は何だと思いますか?近年、特に多くなってきているのがダイエットではないでしょうか。ダイエットと言えば、食事の制限と運動が必須だと思い...

低コストであること

あなたは、スロートレーニングをしていますか?人間はある程度のことをやれと言われると、その行為に必要なコスト等をどうしても気にしてしまいますよね。コストと言うのは、例...