スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > デメリットと注意点 > 関節痛に悪い?

関節痛に悪い?

 

色々なトレーニング方法がありますが、それぞれのトレーニングにはメリットがありますよね。

 

そして、メリットがあるのと同じようにデメリットも当然存在します。

デメリットというものは、他のトレーニングと比べても劣る部分、あるいは注意しなくてはならない部分ですね。

 

これに関しては、種類が豊富にある以上は避けられないことでもあります。

 

比較対象が多ければ、その分プラスもマイナスも浮き彫りになってきますからね。

 

その中で、自分に合っているトレーニング、つまりプラス部分を活かしてマイナス部分をスポイルできるトレーニングを探すことが大切になってくると思います。

 

そんな中、スロートレーニングというトレーニングがありますが、当然デメリットはありますよ。

 

重要なことは、そのデメリットを知ることから始めるという事です。

 

デメリットを知ることで、それをある程度和らげることが出来るし、方法次第ではなくすことも可能になります。

 

これには手間がかかりますが、それを上手く消化できれば良いですね。

 

たくさんあるメリットの恩恵だけを受けることが出来るという、そんなトレーニングを実践することが可能となりますよ。

 

<デメリットについて>
デメリットの一つとして、関節痛が挙げられます。

 

これは注意が必要ですね。

 

スローな動作で身体を鍛えていくために、関節に長時間負荷がかかるからです。

 

それで炎症を起こす可能性があるので気をつけて行ないましょう。

 

それから、トレーニングが終わったら関節のストレッチをしましょう。

 

アイシングなど冷やしたりする等の処置を行って下さいね。

 

また、トレーニング中に関節に違和感を覚えた時はすぐに止めて、一時様子を見ましょう。

 

一度に大きな負荷が掛かるトレーニングではないので、基本的には疲労による炎症が多く見られるようなので、その場合は時間を置けば自然と治ると思います。

 

その辺は、大事にいたることは滅多にないので安心して行なってみて下さいね。

 

デメリットと注意点記事一覧

始める前の注意点

スロートレーニングにも、メリットとデメリットがあります。まずは、メカニズムを知った上で、スロートレーニングが自分の目標としている鍛錬箇所に合っているか、また力をつけたい分野...

関節痛に悪い?

色々なトレーニング方法がありますが、それぞれのトレーニングにはメリットがありますよね。そして、メリットがあるのと同じようにデメリットも当然存在します。デメリットとい...

瞬発力の向上には向かない?

たくさんあるトレーニングの中にスロートレーニングがありますが、ご存知ですか?まず、トレーニング方法を選ぶ場合の選出方法としては、自分が鍛えたい種類の筋肉を上手く鍛えられるか...

精神的にきつい?

スロートレーニングとは、簡単に言うとゆっくりと身体を動かしながら鍛えるトレーニングです。言い換えると、一気に負荷をかけないための動作ですね。筋力が著しく低下している...

エクササイズの多様化について

近年、高齢社会の影響もあってか、健康に対する関心が高まってきているので、良い事ですね。と言っても、怪我や病気をしない身体を作るには筋力がかなり重要になってくるという事を知っ...