スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > デメリットと注意点 > 瞬発力の向上には向かない?

瞬発力の向上には向かない?

 

たくさんあるトレーニングの中にスロートレーニングがありますが、ご存知ですか?

 

まず、トレーニング方法を選ぶ場合の選出方法としては、自分が鍛えたい種類の筋肉を上手く鍛えられるかどうかを見定める必要があります。

それが選ぶ手段でもありますね。

 

※注意:これは単に身体の部位を指している訳ではありませんよ。

 

筋肉の種類は、速筋、遅筋とあり、つまり瞬発力と持久力を司る筋肉に分かれています。

 

それらは別名、白筋と赤筋とも言われています。

 

・白筋が瞬発力を司る筋肉
・赤筋が持久力を司る筋肉

 

この二つの筋肉については、同時に鍛えることが可能ですね。

 

しかし、どちらとも均等にというのはきわめて難しく、ほぼ不可能とも言えます。

 

何故かと言うと、速筋と遅筋は根本的に役割が違うからです。

 

これ同時に、トレーニングによって鍛えられるメカニズムも少し違います。

 

スロートレーニングで鍛えやすい筋肉としては、持久力があります。

 

つまり遅筋ですね。

 

ゆっくりじっくりと動かし負荷をかけるものです。

 

ひとつの動作に時間をかけて鍛錬するという方法によって、遅筋が鍛えられます。

 

※ただし、この方法だと瞬間的に強い力を発揮することがないので、瞬発力は鍛えられません。

 

よって、速筋のトレーニングとしてはあまり向いていない、効果が期待できないと言えますね。

 

スポーツを行う場合は、その種目が瞬発力と持久力のどちらを重視するかということで、ある程度決まっていますね。

 

例えば、短距離走者や野球の野手の場合は、確実に瞬発力が必要になります。

 

それに対してマラソンランナーは、持久力が必要になりますよね。

 

言い換えると、自分が行っているスポーツに対して、スロートレーニングが向いているかどうかの確認が必要になるという事です。

 

そうして選択するのが正しい選出方法だと思いますね。

 

※ダイエットは持久力になるので、つまり遅筋を鍛えるのが効果的です。

 

簡単に言い換えると、スロートレーニングはダイエット効果が期待できるという事ですね。

 

デメリットと注意点記事一覧

始める前の注意点

スロートレーニングにも、メリットとデメリットがあります。まずは、メカニズムを知った上で、スロートレーニングが自分の目標としている鍛錬箇所に合っているか、また力をつけたい分野...

関節痛に悪い?

色々なトレーニング方法がありますが、それぞれのトレーニングにはメリットがありますよね。そして、メリットがあるのと同じようにデメリットも当然存在します。デメリットとい...

瞬発力の向上には向かない?

たくさんあるトレーニングの中にスロートレーニングがありますが、ご存知ですか?まず、トレーニング方法を選ぶ場合の選出方法としては、自分が鍛えたい種類の筋肉を上手く鍛えられるか...

精神的にきつい?

スロートレーニングとは、簡単に言うとゆっくりと身体を動かしながら鍛えるトレーニングです。言い換えると、一気に負荷をかけないための動作ですね。筋力が著しく低下している...

エクササイズの多様化について

近年、高齢社会の影響もあってか、健康に対する関心が高まってきているので、良い事ですね。と言っても、怪我や病気をしない身体を作るには筋力がかなり重要になってくるという事を知っ...