スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > デメリットと注意点 > 精神的にきつい?

精神的にきつい?

 

スロートレーニングとは、簡単に言うとゆっくりと身体を動かしながら鍛えるトレーニングです。

 

言い換えると、一気に負荷をかけないための動作ですね。

筋力が著しく低下している年配者に向いているトレーニング方法であり、負荷をかけると負傷箇所が痛む怪我人などにも有効になります。

 

こういった人達は、怪我をせず痛い思いをしないようにトレーニングしないといけないので、このスロートレーニングが向いていると思います。

 

実際に少なからず大抵の人は、一度はトレーニングでケガを経験しているかと思われます。

 

例えば、腰を痛めたりしますよね。

 

いつも通りの動作で座ったり立ったりすると、当然痛いと思います。

 

一方スロートレーニングの場合は、普段よりゆっくり時間をかけて立ち上がり、座ります。

 

こうすると、腰にかかる負担を分散されますね。

 

また、痛まないようにするには、人間の持つ本能的な部分が指令を発していると言えますね。

 

と言っても、そういったスローな動作を自分の意思で行う場合、かなりの精神的な負荷が掛かってくるんです。

 

それがひとつの問題になっていますね。

 

ゆっくりゆっくりと身体を動かすのは、身体に負担をかけませんが、結構精神的にイライラの原因になるようなんです。

 

痛みがあるなど、切実な問題がすぐ傍にある場合はストレスにはなりませんが、そういった問題がない場合には、普段通りの速度で動かしたいと思ったり、もっと素早く動かしたいという衝動に駆られるので、それを制御するのが少なからず疲労を伴ってしまいます。

 

このように、始める当初はこれら精神的なストレスが発生してしまいます。

 

ですが、ご安心ください。

 

これは慣れによって解決できますよ。

 

慣れればそれが当たり前になるので、ストレスにつながらなくなってきます。

 

なので、これは精神修行と思って我慢するしかないという事になりますね。

 

デメリットと注意点記事一覧

始める前の注意点

スロートレーニングにも、メリットとデメリットがあります。まずは、メカニズムを知った上で、スロートレーニングが自分の目標としている鍛錬箇所に合っているか、また力をつけたい分野...

関節痛に悪い?

色々なトレーニング方法がありますが、それぞれのトレーニングにはメリットがありますよね。そして、メリットがあるのと同じようにデメリットも当然存在します。デメリットとい...

瞬発力の向上には向かない?

たくさんあるトレーニングの中にスロートレーニングがありますが、ご存知ですか?まず、トレーニング方法を選ぶ場合の選出方法としては、自分が鍛えたい種類の筋肉を上手く鍛えられるか...

精神的にきつい?

スロートレーニングとは、簡単に言うとゆっくりと身体を動かしながら鍛えるトレーニングです。言い換えると、一気に負荷をかけないための動作ですね。筋力が著しく低下している...

エクササイズの多様化について

近年、高齢社会の影響もあってか、健康に対する関心が高まってきているので、良い事ですね。と言っても、怪我や病気をしない身体を作るには筋力がかなり重要になってくるという事を知っ...