スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > デメリットと注意点 > エクササイズの多様化について

エクササイズの多様化について

 

近年、高齢社会の影響もあってか、健康に対する関心が高まってきているので、良い事ですね。

 

と言っても、怪我や病気をしない身体を作るには筋力がかなり重要になってくるという事を知っていますか?

そのような考えが普及している中で、トレーニングの重要性も段々増しているようです。

 

特に病気については、一見筋力の強さとは無関係だと思われがちですが、新陳代謝をはじめ身体の正常な動作だったり、機能の健全な作動に関しては、非常に重要な役割を持っています。

 

それが一般にも広まっています。

 

このようなことがあって、筋力トレーニングに関心のある高齢者がかなり増えているようですね。

 

お年寄りでも女性でも、子供でも、運動の苦手な人でも出来るトレーニングスタイルが、最近流行の兆しを見せています。

 

トレーニングと言うと、どうしてもスポーツをする人が行う激しい運動っていう感じ、イメージがありますよね。

 

特に、ダンベルなどを使うウエイトトレーニングでは、かなりの力自慢でないと出来ないというイメージが浸透しているので、どうしても敬遠しがちになると思います。

 

ですが、トレーニングという言葉は、最早そういった人達のためだけではありませんよ。

 

ごく普通に生活している人達が、日常の中でごく当たり前に行うものになってもいます。

 

このような背景もあって、近年ではスロートレーニングに代表されるような、最低限の負荷や負担で長期的に行えるようなトレーニングが流行っています。

 

その中でも特に、スロートレーニングが人気を集めていますね。

 

これは、高齢者を中心に運動があまりできない人にお勧めです。

 

毎日できるという事で、高い関心と注目を集めています。

 

デメリットと注意点記事一覧

始める前の注意点

スロートレーニングにも、メリットとデメリットがあります。まずは、メカニズムを知った上で、スロートレーニングが自分の目標としている鍛錬箇所に合っているか、また力をつけたい分野...

関節痛に悪い?

色々なトレーニング方法がありますが、それぞれのトレーニングにはメリットがありますよね。そして、メリットがあるのと同じようにデメリットも当然存在します。デメリットとい...

瞬発力の向上には向かない?

たくさんあるトレーニングの中にスロートレーニングがありますが、ご存知ですか?まず、トレーニング方法を選ぶ場合の選出方法としては、自分が鍛えたい種類の筋肉を上手く鍛えられるか...

精神的にきつい?

スロートレーニングとは、簡単に言うとゆっくりと身体を動かしながら鍛えるトレーニングです。言い換えると、一気に負荷をかけないための動作ですね。筋力が著しく低下している...

エクササイズの多様化について

近年、高齢社会の影響もあってか、健康に対する関心が高まってきているので、良い事ですね。と言っても、怪我や病気をしない身体を作るには筋力がかなり重要になってくるという事を知っ...