スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メニューの種類 > 腹筋について

腹筋について

 

あなたは、ダイエットをしていますか?

 

現在ではダイエット目的で、スロートレーニングを行う人が結構いるようですね。

その場合、一番負荷をかけたい場所はどこでしょうか。

 

それは、やはりお腹回りではないでしょうか。

 

特にお腹がポッコリと出ている人は、ポッコリお腹を取りたくてダイエットを始めるようですね。

 

それがほとんどだと思います。

 

しかし、実際にダイエットをしてみた人は分かると思いますが、お腹周りの脂肪を取る事がどれだけ難しいか分かりますよね。

 

普通は腹筋運動をしたりしますが、屈伸をしてもなかなかお腹の余分な脂肪は取れませんね。

 

これは一体何故なのでしょうか。

 

それは、実際にはその運動自体が、あまりお腹周りの脂肪を燃焼させるという目的になっていないからです。

 

鍛え方と鍛える箇所が合っていないんですね。

 

一方、スロートレーニングで腹筋運動をする場合は、お腹回りの脂肪を燃焼させるのに良い運動方法が用いられています。

 

なので、特にダイエットを目的にスロートレーニングを行うという人は、この方法をしっかりと知っておきましょう。

 

<ダイエットを目的のスロートレーニングについて>
まず、仰向けに寝て両膝をゆっくりと曲げ始めます。

 

最初、膝は天井を向いていると思いますが、それを身体の方に引き寄せます。

 

徐々にお尻、お腹に力を入れていきます。

 

かかとは床から離して下さい。

 

※完全に膝を引き寄せる形です。

 

それで力を入れていくのがコツですね。

 

そうすることで、かなりお腹周りに力が加わってくることが分かりますよ。

 

これによって、脂肪の燃焼を手助けしてくれるようになります。

 

<注意点について>
気を付けることは呼吸です。

 

膝を引き寄せる時に、息を吸うのではなく吐きます。

 

それも、なるべく長く吐くようにするのが好ましいようです。

 

この運動が苦痛だなと思う人は、かかとを床につけずに片足ずつゆっくりと引き寄せてみて下さい。

 

片足の場合では、あまり大きな負担にならないからです。

 

これはベッドの上でも出来る運動なので、お年寄りの方にもお勧めです。

 

あなたもぜひ一度、行なってみてはいかがでしょうか。

 

メニューの種類記事一覧

足踏みについて

プロのスポーツ選手のトレーニングは激しい運動ですよね。これくらいの運動をしないと意味がないからです。それは、既に身体が出来上がっているからこそ、激しい運動でなければ...

スクワットについて

別の記事でご紹介した足踏み運動、これである程度足の筋肉がしっかりとしてきたら、次はスクワットをしてみることをお勧めします。スクワットをする時も、まず準備運動で足踏みを50回...

腹筋について

あなたは、ダイエットをしていますか?現在ではダイエット目的で、スロートレーニングを行う人が結構いるようですね。その場合、一番負荷をかけたい場所はどこでしょうか。...

突き運動について

下半身や背筋を鍛える運動の中に「突き運動」というものがありますが、ご存知ですか?スロートレーニング以外ではなかなか行わない運動なので、ある意味スロートレニングならではの特徴...

ダンベルについて

上半身を鍛えるスロートレーニングには、色々な方法があります。場合によっては、道具を使う方が効果的ということもあります。特に、上腕二等筋などの腕の筋力を上げる時には、...

ダンベル・バーベルとの関係

スロートレーニングを行なう時には、道具を使う事があります。その代表的な道具として、ダンベルとバーベルが挙げられます。これらの道具(ダンベルとバーベルなど)は、スポー...