スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > メニューの種類 > 突き運動について

突き運動について

 

下半身や背筋を鍛える運動の中に「突き運動」というものがありますが、ご存知ですか?

 

スロートレーニング以外ではなかなか行わない運動なので、ある意味スロートレニングならではの特徴的なものかもしれません。

そこで今回は、この突き運動についてご紹介しますね。

 

<突き運動について>
この運動は、体の中心を鍛えることで体幹の強化にも繋がります。

 

体幹は、スポーツをする人もスポーツをしない人も、必ず鍛えておくべき部分です。

 

体幹が鍛えられていないと、バランスが悪くなるんですよ。

 

言い換えると、体のどこかに偏った疲労が生まれます。

 

そうなると健康を害する原因にもなるので、しっかりと鍛えていきましょう。

 

<運動の仕方について>
スロートレーニングによる突き運動では、まず腰に手を当て、その一方で脚の膝を床につけます。

 

もう一方の足はそのまま膝を曲げます。
※床を踏む状態ですね。

 

簡単に言うと、片膝を突いて座っている形になります。

 

この状態で曲げている方の足を踏み出して一歩前へ出ます。

 

ここで注意!

 

スロートレーニングなので、これらはゆっくりした動作で行ないましょう。

 

<コツについて>
コツは、前と後ろのいずれも真っすぐに踏み出すことがポイントになります。

 

これがズレてしまうと、体幹の強化にはならないので意味がありませんよ。

 

事前に目標物を添えておいたり、線を引いたりして真っすぐ進むようにして下さいね。

 

<行なう回数について>
左右共に10回ほどがベターですね。

 

それを1セット行ないます。

 

時間でいうと1日3セットですね。

 

これをできれば毎日やっていきましょう。

 

毎日だと当然効果が出ますよ。

 

毎日は無理と言う方は、ある程度期間をおいても問題ありません。

 

体力維持、体のバランスを整えたい場合は、週に1回〜2回でも良いですね。

 

これでも最低限の効果は得られます。

 

※ただし、できれば毎日が良いですね。
 2日に1回くらいが好ましいと思います。

 

メニューの種類記事一覧

足踏みについて

プロのスポーツ選手のトレーニングは激しい運動ですよね。これくらいの運動をしないと意味がないからです。それは、既に身体が出来上がっているからこそ、激しい運動でなければ...

スクワットについて

別の記事でご紹介した足踏み運動、これである程度足の筋肉がしっかりとしてきたら、次はスクワットをしてみることをお勧めします。スクワットをする時も、まず準備運動で足踏みを50回...

腹筋について

あなたは、ダイエットをしていますか?現在ではダイエット目的で、スロートレーニングを行う人が結構いるようですね。その場合、一番負荷をかけたい場所はどこでしょうか。...

突き運動について

下半身や背筋を鍛える運動の中に「突き運動」というものがありますが、ご存知ですか?スロートレーニング以外ではなかなか行わない運動なので、ある意味スロートレニングならではの特徴...

ダンベルについて

上半身を鍛えるスロートレーニングには、色々な方法があります。場合によっては、道具を使う方が効果的ということもあります。特に、上腕二等筋などの腕の筋力を上げる時には、...

ダンベル・バーベルとの関係

スロートレーニングを行なう時には、道具を使う事があります。その代表的な道具として、ダンベルとバーベルが挙げられます。これらの道具(ダンベルとバーベルなど)は、スポー...