スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > お勧めメニュー > スロージョギングについて

スロージョギングについて

 

スロートレーニングと言っても色々な形がありますが、中でも特に効果的と言われているものがスロージョギングです。

 

ご存知ですか?

スロージョギングは、言葉の通りジョギングをゆっくりと時間をかけて行うものです。

 

言い換えると、脚にかかる負担を和らげるトレーニングでもありますね。

 

その為、足腰が弱ってしまった高齢者の方にお勧めするトレーニングでもあるので、非常に有効なトレーニングとなっています。

 

スロートレーニングの中でも、このスロージョギングはやや異質だと感じますね。

 

※注意:ウエイトトレーニングなどのように5秒ルール的なものはありません。

 

あくまでもジョギングをゆっくりと行います。

 

と言っても、時間的にはそこまでゆっくりとは走れませんよね。

 

実際に行ってみれば分かると思いますが、結構スローな動作で走るというのは難しかったりします。

 

一つの足を上げたままで、数秒間立ち続けるだけでも困難ですよね。

 

それで尚且つ走るというのは、高齢者でなくても厳しいのではないかと思います。

 

<スロージョギングのコツについて>
まずは、歩幅を小さくするというところから始めましょう。

 

ジョギングの速度、つまり走る速度もゆっくりにします。

 

※注意:これは動作自体を遅くするのではありませんよ。

 

例えば、歩幅を小さくして筋肉の使用を抑えるようにします。

 

それに加えて、足音を小さくする事を心掛けると尚良いですね。

 

例えるなら地面にソフトタッチする感覚です。

 

歩幅を小さくして、足を上げる高さをそれほど上に設定しなくて良くなります。

 

足音についても、それに応じて小さくなりますよ。

 

これは慣れないことなので、最初はかなり難しいと思います。

 

当然のことですが、コツを掴むのに時間が必要ですね。

 

何度も行って経験を積むことで、身体への負担が最小限で済むようになるので、ぜひ今日から行なってみてはいかがでしょうか。

 

お勧めメニュー記事一覧

スロージョギングについて

スロートレーニングと言っても色々な形がありますが、中でも特に効果的と言われているものがスロージョギングです。ご存知ですか?スロージョギングは、言葉の通りジョギングを...

スロージョギングのメリット

歩幅を小さくして、足音を抑えて走るのがスロージョギングになります。こちらでは、そんなスロージョギングの大きなメリットをご紹介しますね。<メリットについて>それは...

スロージョギングのデメリット

こちらでは、スロージョギングのデメリット(注意点)について挙げているので、ぜひ参考にしてみて下さい。一般人の中には、スポーツ初心者、普段運動をしない高齢者のような「ビギナー...

スロジョグとルームランナーの比較

当たり前の事を言いますが、ジョギングは室外で行うトレーニングになります。その為、どうしても天候に左右されますよね。スポーツ選手なら、ある程度の雨が降っていてもレイン...

チューブを使って

近年、スロートレーニングをよく耳にしますが、あなたはご存知ですか?そんな中、効率的にスロートレーニングを行うための道具がありますが、その中でチューブについても、所持しておい...

ダイエットインナーを使って

別の記事でチューブとスロートレーニングの相性の良さについてご紹介しましたが、それには特徴的な性質が関係していますね。チューブを使ったトレーニングは元々スローであるために、ス...