スロートレーニングNAVI - 正しいやり方と効果的なメニューとは?TOP > お勧めメニュー > スロージョギングのメリット

スロージョギングのメリット

 

歩幅を小さくして、足音を抑えて走るのがスロージョギングになります。

 

こちらでは、そんなスロージョギングの大きなメリットをご紹介しますね。

<メリットについて>
それは、通常のジョギングと比較してみると分かりますが、身体の上下動をかなり抑えられるという点にあります。

 

ジョギングは、さほど身体に負担がかからない運動なので、多くの人が毎朝あるいは休日の朝、夕方などに行う運動でもあります。

 

定番の運動となっていますよね。

 

しかし、実際には結構負担がかかる運動なんですよ。

 

それは何故かと言うと、心肺機能をある程度鍛えていないとかなりの疲労が伴ってしまうからです。

 

また、脚の筋肉に負担が掛かってくるので、もちろん全身に負荷が発生します。

 

だからこそ、逆にダイエットには最適と言われています。

 

普段運動をあまりしない人にとっては、相当な疲労になりますね。

 

全身への負担の元となるのが、走行中の上下運動が原因です。

 

人間は走る時に、自然に身体をアップダウンさせていますよね。

 

何故かと言うと、膝を使うからです。

 

走る際に膝の屈伸によって脚を動かしますが、その度に身体は上下に揺れ、その動作が全身運動の要因でもあります。

 

言い換えると、この上下動運動を最小限に抑えることが出来れば、身体への負担も最小限になるという事ですね。

 

<利点について>
利点としては、身体への一度にかかる負担を弱めることができる事と、怪我を防いだりする事ができる事です。

 

また、高齢者でも出来る運動メニューを組めることも出来ますね。

 

スロージョギングでは、スロートレーニングの利点をしっかりと踏襲しています。

 

実際に、身体への負担の軽減を科学的に実験してみたんですが、その結果スロージョギングでは、通常のジョギングと比較した場合、かなり疲労が軽減されるということが分かりました。

 

※足への負担も30%ほど軽減されたようですね。

 

このような意味では、身体に優しいトレーニングと言えると思います。

 

お勧めメニュー記事一覧

スロージョギングについて

スロートレーニングと言っても色々な形がありますが、中でも特に効果的と言われているものがスロージョギングです。ご存知ですか?スロージョギングは、言葉の通りジョギングを...

スロージョギングのメリット

歩幅を小さくして、足音を抑えて走るのがスロージョギングになります。こちらでは、そんなスロージョギングの大きなメリットをご紹介しますね。<メリットについて>それは...

スロージョギングのデメリット

こちらでは、スロージョギングのデメリット(注意点)について挙げているので、ぜひ参考にしてみて下さい。一般人の中には、スポーツ初心者、普段運動をしない高齢者のような「ビギナー...

スロジョグとルームランナーの比較

当たり前の事を言いますが、ジョギングは室外で行うトレーニングになります。その為、どうしても天候に左右されますよね。スポーツ選手なら、ある程度の雨が降っていてもレイン...

チューブを使って

近年、スロートレーニングをよく耳にしますが、あなたはご存知ですか?そんな中、効率的にスロートレーニングを行うための道具がありますが、その中でチューブについても、所持しておい...

ダイエットインナーを使って

別の記事でチューブとスロートレーニングの相性の良さについてご紹介しましたが、それには特徴的な性質が関係していますね。チューブを使ったトレーニングは元々スローであるために、ス...